自由なフォーマットの原稿用紙を制作。そして…
 あなたの原稿をドラッグ&ドロップすれば
  オリジナル原稿用紙にPDFとしてプリントアウト。
自由なフォーマットの原稿用紙を制作。そして…
 あなたの原稿をドラッグ&ドロップすれば
  オリジナル原稿用紙にPDFとしてプリントアウト。
小説、随筆の投稿や応募、学校の作文などに原稿用紙が必要ですが、
市販の用紙にきれいにプリントするのはとても難しいもの。
原稿用紙フォーマットエンジンを使えば専用のソフトなど必要とせず、
きれいな清書を何度でも出力可能です。
字詰めや行数を指定して原稿用紙を作りましょう。22色のカラーも選択できます。
枠なしフォーマットもベタ組み(文字間を空けない組み方)もルビも可能です。
書籍のように、あるいは小説応募作品をプリントするときのために、
読みやすい自由なフォーマットを指定してください。
多量のファイルに連番を付けることも出来ます。

ともかく使ってみよう!
※スマートフォン、タブレットなどでは正確なレイアウトができません。デスクトップPCおよびOSで実行してください。
※PDFファイルはサーバーで制作されますが、これらの内容は一切サーバー側に保存されることはありません。

400字詰め専用原稿用紙フォーマットエンジン2015.06 更新 *1
原稿用紙フリーフォーマットエンジン
あなただけのオリジナル400字詰め原稿用紙を作る (オリジナル作者名を入れられます)

*1  1行に3つ以上の句読点が含まれるとき、文字が追い込みされる現象を修正しました。

◆ 原稿用紙の使い方
原稿用紙の書き方には基本があります。各社、各学校などでそれぞれ少しずつ違っていますが、
1、表題、章や単元の見出しは行頭をゆっくりと下げ、次行に余白行を挟む。
2、段落始まりは一文字のインデントを入れる(全角スペースをテキストに入れるのは間違いです)
3、行末ぶら下がり文字(句読点や行頭禁止文字)は枠外へのぶら下がり可能
4、促音類(小さな文字「いた、ウスキー、じ...」)は最近は行頭が許されているようです
(商業印刷物では普通、行頭の促音類は禁止ですが、新聞類では許容されているものもあるようです〕

近年、多用される数字や英字の扱いは難しく、素人ではどうしてよいかわからないものです。
基本は印刷や校閲のために読みやすく、読む人の視線の動きに優しく書くことです。
印刷を前提にしている場合、文字数がわかりやすく組むことも大切です。
しかし、こうした原則とテキストエディターやワープロなどの組版原則は同じではありません。
原稿用紙フォーマットエンジンは、商用印刷ベースのエンジンを改良して、
禁則処理や英数字や欧文字があってもできる限りマス目からずれないように組み上げます。
さらに目に優しい TR大正明朝体 R 縦組み専用フォントを読み込んで、
Webフォントに対応したブラウザーであればOS環境に左右されずに、
出力するそのままをモニターに再現できるようになっています。
原稿はあなたが普段使い慣れているエディターでさくさくと書き上げてください。
書き上がったら、上記2種類のお好きな方の原稿用紙フォーマットエンジンを開いて、
そこへあなたの原稿ファイルをドロップしてください。


Genkou Formatエンジンの原稿用紙 組み方の基本
1、表題やタイトルは行頭から本文3文字分自動で下がります。文字のサイズが少し大きくなります。〔要タグ〕
2、段落の始まりは自動でインデントされます。(全角スペースがあると2文字分のインデントになってしまいます)
3、行末の句読点や括弧類はぶら下がり処理されますが、促音や音引きの禁則処理はしません。
4、英字〔欧文字〕については下に説明します。は自動で判別し、大文字小文字が混ざっている場合は横組みします。
4、大文字のみ、2桁を除く数字のみ、大文字と数字のみの場合は全角文字として縦に組まれます。〔例、TR、OS)
5、Webという単語を追い出したスペースの処理を文字間に割り振らずにこの位置で処分しています。
6、独立した2桁の数字は組み数字として1マスに組まれます。
7、ルビをつけることができます。〔要タグ〕
原稿用紙フォーマットエンジンのページを開いたときに縦組み専用のwebフォントを読み込むため、多少時間がかかります。

原稿用紙のダブルクリックで本文を編集するパネルが開き、リアルタイムに反映させることができます。
この修正、変更は元原稿を修正するものではありません。必要に応じてコピー保存してください。


英数字の処理について
日本人から見ると英語文字の「A」〔いわゆる半角英字〕と「A」〔いわゆる全角英字〕は同じ文字〔意味〕と判断してしまいますが、文字コードとしては全く違う文字です。GenkouFormatExpressで表示することを前提とした場合には、文中に現れるこうした英数字類は全て半角(ASCII文字)で打ち込んでください。もし半角英字と全角英字を混ぜてタイプ(例、Apple)してある場合、これはアップルという単語とは判断されず、Aとppleの並びとなってしまいます。印刷などの組版課程では、このようなテキストは間違いやトラブルの原因になります。
最近はこれとは逆に全てを全角文字で表現する方法も増えていますが、英単語を表現するには不自然になります。
GenkouFormatExpressは文中の半角英字を次のように判断し、組版します。
●独立して現れる2桁の数字は、2桁をまとめて一文字のように組みます。
●文中の英数字単語〔例、URL, UN, AC200)など、英字の大文字だけ、英字大文字と数字が混ざっている場合、2桁以外の数字のみの場合は、全て縦に組まれます。
●数字のみの場合、そこに含まれる「,」「.」は句点と読点として「、」「・」に変換されて組まれます。
●それ以外の英数字単語は、横に倒して縦方向に組まれます。
●英字ハイフンを音引き「−」で入力してしまう人がいますが、これは英数字ではなく「アーカイブ」などのカタカナの長音です。長音は縦と横のデザインが違います。英字ハイフンは必ず半角ハイフンとしてタイプしてください。
●日本語文中で縦に使うハイフンがほしい場合に半角ハイフンを使用してもかまいませんが、これはあくまでも半角ハイフンで長さが短い文字になります。全角の長さがほしいときには「―」(0x2015、ホリゾンタル・バー〕を入力してください。

見出しの指定
本文のはじめに見出しをつけたい場合、本文よりわずかに大きなサイズで組むことができます。
「~」〔チルド 0x7e)を最初につけ、終わりにも同じようにつけます。見出しの指定以外でこの文字は使用しないでください。
見出しは本文3文字分のインデントがされます。その次の行は空白行となります。本文に次の見出し記号が出てくると、新しいページへ移動します。
ルビ〔ふりがな〕の付け方
3つの「^」(サーカムフレックス・アクセント 0x5e)で、「^漢字^かんじ^」のように囲みます。ルビの指定以外でこの文字は使用しないでください。
ルビは本文の半分のサイズでつけられます。この記号の数が本文中に3の倍数になっていないと、ルビはつけられません。ルビの文字に英文字を使用すると不自然な組版になります。
出力ファイル名について
テキスト原稿に日本語文字がついていても問題ありませんが、PDFとして出力するときには英数字のファイル名が必要です。
カラー
カラーパネルで原稿用紙フォーマットのカラーを選択できます。
f1,f2,f3,f4
原稿用紙のフォーマットが選べます。基本は2種類ですが、罫線が実線のものと破線のものが用意されています。

○原稿用紙は一マスに一文字ずつ書き込んでゆく原則があるため、禁則処理や半角処理のために細かい余白計算をしないようになっています。 通常の組版から見ると不自然なところも多々出てきますが、原稿用紙はあくまでも校閲や推敲のためですからご理解ください。
場合によっては禁則や英数字の字幅処理のため、マスからずれて文字が並ぶこともあります。
※箇条書きなどの行頭インデント無視の機能はついておりません。



原稿用紙フリーフォーマットエンジンの使い方
このエンジンでは字詰めや行数を指定できると同時に、原稿用紙フォーマットと通常の文字組みフォーマットを選べます。
どちらの場合にも原稿用紙の枠が表示されます。この枠を表示しない時には「カラー」メニューの一番下を選んでください。
通常の文字組みフォーマットを希望するときには「字間」メニューで「ベタ」を選びます。カラーなしでこの字間を選ぶと
書籍の本文と同じような組み方になります。文字サイズは目的によって選んでください。
多量のテキスト原稿をドロップすると動作が重くなります。単元ごとに別のファイルとしてドロップしてください。
PDFファイルを制作すると、次の原稿のページ(開始ページ)が加算され、連続した制作物に通しページ番号が付けられるようになります。
英字ファイル名にも連番が付けられます。


400字詰め専用原稿用紙フォーマットエンジン
原稿用紙フリーフォーマットエンジン
あなただけのオリジナル400字詰め原稿用紙を作る (オリジナル作者名を入れられます)